本日、技術書オンリーイベントの「技術書典」に参加してきました。

いつもコミックマーケットオンリーでしたけど、イベントに合わせてUNIBOOK5を販売させていただきました。

cover

今回、初めての参加で状況がわからず、50部の冊子とバウチャーコード用をたくさんを用意させていただきましたが、11時からの開場の後、1時間で冊子の方は完売してしまうという人気でした。バウチャーコードの方も4時までに80部ほど購入していただきました。イベントの一般参加者数が1200名くらいでしたので、全体の1割程度の方が購入していただけたのは驚きです。これまで5冊の本を作らさせていただきましたが、買いに来ていただける方々の応援で続けられていると思っています。今後もよろしくお願いいたします。

イベントそのものも盛況で、一般参加者数が入るために整理券が発行されて、常時1時間半待ち状態でした。場所的に少し狭いというのはあったと思いますが、最後までブースの方に色々な方が寄っていただき、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

バウチャーコードを入れる封筒が普通の茶封筒で寂しいとかいろいろ改善しないといけないところはありますが、次回はコミックマーケットの参加が決まっていますので、そちらの方に来ていただけると嬉しいです。

今日のUNIBOOK5はこちらの方でも販売をしていますので、ご希望の方はクリックしていただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

DSC_1216

cover

2016/06/25更新
BOOTHで製本の販売を開始しました!

https://unity-bu.booth.pm/items/269949

Unity部は技術書オンリーイベントである技術書典で「UNIBOOK5」を頒布します!

[タイトル]
UNIBOOK5

[ページ数]
製本: 238ページ
電子版PDF: 248ページ

[価格]
製本: 1000円
電子版PDF: 1000円

[電子対応フォーマット]
PDF
ePub

[配布形式]
製本
バウチャーチケット(電子版DL券)

[無償頒布]
Unity関連のコスプレ、
ゲーム、技術書を頒布しているブースは電子版を無償で頒布いたします。

[イラスト]
染谷翔 さん

UNIBOOK5 目次

タイトル 筆者
第1章 Unityで色々な線を描くことができるアセット、"Vectrosity"の紹介 WheetTweet
第2章 Resolution Magic 2Dへのいざない cyross4vocaloid
第3章 Standard Assetsのポストエフェクトの原理 K_U_2143
第4章 Unityの最新2D機能について kouic_t
第5章 HoloLensエミュレータでUnityアプリを動かそう WheetTweet
第6章 ゲーム内ステージエディターモードーのオンライン共有機能をサクッと作る Takaaki_Ichijo
第7章 使って便利だったUnityプログラムの小技 rodostw
第8章 Unityでゲームではなくツールを作る話 kakunpc
第9章 「PhotonRx」UniRxでPhoton Unity Networkingを使いやすくしてみた toRisouP
第10章 Unity から Google Cloud Vision API を叩いてみた kamata
第11章 Jenkins でビルドを自動化した際に得られたノウハウ monry
第12章 Mathfのススメ RyotaMurohoshi
第13章 Unity内部の機能を使いこなす kyusyukeigo

会場情報

東京都千代田区外神田3-16-18 通運会館

今後もこのページにて最新情報をお伝えしていきます!お楽しみに!