おそくなりましたが、コミケお疲れ様でした!
忘れないうちに簡単にレポートしておきたいと思います。
本の企画自体は今年の始めくらいからありましたが、本格的に動き出したのは当選通知があってから(遅い)。
そこからFacebookグループにて執筆者や書きたいことを募って進めました。時間も十分になかったので、当初30Pぐらいのボリュームと想定してできたものがこちら↓
2014-08-14 19.17.00.jpg
どーん
書いてある内容については一つ前の記事を参照してください。
頒布はCD-ROMにしていましたが、100枚+サンプル本数冊で搬入時はそれなりの質量が..
さて、我々は3日目の西ホールに配置されていたわけですが、設営時ぐらいしか写真を取っていなかったのでそれ以外はお借りします。
c86_01
c86_02
初参加にしてはちゃんとやれたと思いたい
簡潔に結果だけ書くと、
1時間で完売しちゃいました。
ブースまで来てくださったのに買えなかった皆様ごめんなさい..
まさかここまで人気あるとは思ってませんでしたホントに。
(完売はできるかなーぐらいの温度感)
出し惜しみするべきではないと思っているので、現在この本の電子書籍版の手続きを進めています。
また、それと同時にフリー版(いくつかの章を抜き出したショート版)も作りましたのでここに公開したいと思います。
UNIBOOK – Free version (PDF)
みなさまの開発のお役に立てれば幸いです。
さて、Unity部ではつぎのコミケに向けてUNIBOOK2の執筆を始めようとしています。
まだ受かってないですけど。
もし何か書きたい!という人がいればFacebookグループに参加してお声掛けください!

この記事はUnity アセット真夏のアドベントカレンダー 2014 Summer!の8/15の記事です。
Unity部はコミックマーケット86に初参加し、「うに本」を販売します。

詳細

日時: 8/17 3日目
場所: 西 き 28b
ページ数: 350くらい
頒布価格: 500円
頒布方法: CD-R (PDF)
数: 100

表紙

front.png
この本には「ゲームジャムで役に立つオススメなアセット集」から「シェーダーについて」「エディタ拡張について」など、アセットを使う・作成するための知識がてんこ盛りとなっています。
コミケではPDFデータとしてCDを販売します。(500円)
2014-08-14 19.17.11.jpg
見本誌として製本にもしてみました。(非売品です)
2014-08-14 19.17.00.jpg
このパネルがあるところがUnity部です。
2014-08-14 19.23.26.jpg
皆さんお待ちしております!
2014-08-14 19.17.29.jpg

目次

タイトル
1 Everyplay入門
2 Unity Ads入門
3 ゲームジャムで役立つアセット7選!!
4 ADV作成ツール「宴」
5 MonodevelopのIndentWidthを強制的に4にする
6 コードテンプレートでらくらく補完
7 サクッとTwitter/Facebook/LINEにシェアする
8 Spriteのパラパラアニメーションをサクッと作る
9 2D用のSpriteのTips
10 データを保存する
11 スクリプトからGameObjectを作成するには
12 スクリプトからGameObjectまたはコンポーネントを検索するには
13 Prefabのあれこれ
14 検索バーで出来ることまとめ
15 スマートフォン版HMDで使えるジャイロカメラを作成する
16 Syphonで映像を扱う
17 SendMessageの効率的な使い方
18 Transformで拡張しておきたいメソッド
19 GameObjectで拡張しておきたいメソッド
20 Monovehaviarで拡張しておきたいもの
21 iOSのビルド時にFrameworkを自動で含めるには
22 シーン名/タグ名/インプット名を定数で扱う
23 プラットフォームごとにスクリプトの挙動を変更させる
24 シェーダでのアニメーション
25 シェーダーで知っておくと便利なこと
26 手軽に追加できるシェーダーの効果
27 メッシュへの情報の追加とシェーダーについて
28 Unity5での新アニメーションシステム
29 アセットのインポート設定をまとめて変更する
30 Missingを見つけるには
31 Singletonのまとめ
32 モバイルでの描画速度最適化について
33 UnityでGit(バージョン管理)
34 Jenkinsでビルドのコスト(手間)を100分の1にする
35 LINQのススメ
36 UnityPackageにアイコンをいれる
37 ScriptTemplatesを作成する
38 HierarchySortを作成しよう
39 SerializedObjectについて
40 ScriptableObjectについて
41 Undoについて
42 AnimatorControllerとAnimationClipについて
43 自作のステートマシンを作る
44 GUIを自作する

この本がUnityユーザーの皆様の助けになればと思います。
残りは「うに本」に収録されている一部のページを抜き出したものです。
ss01.png
ss02.png
ss 2014-08-11 21.19.22.png
ss 2014-08-11 21.19.38.png
ss 2014-08-11 21.20.20.png
ss 2014-08-11 21.21.57.png
ss 2014-08-11 21.22.26.png
ss 2014-08-11 21.22.59.png
ss 2014-08-11 21.23.19.png
次はWheetTweetさまの「Visual Novel Tool Kitでビジュアルノベルを作ろう!」です。

image.png
Unity部は初めてコミックマーケットに参加します!
初参加なので執筆者が書きたいように書かせていただきました!
当日は見本誌も置いてあるので是非お越しください!
それでは3日目に会いましょうー!

詳細

日時: 8/17 3日目
場所: 西 き 28b
ページ数: 350くらい
頒布価格: 500円
頒布方法: CD-R (PDF)
数: 100

目次

タイトル
1 Everyplay入門
2 Unity Ads入門
3 ゲームジャムで役立つアセット7選!!
4 ADV作成ツール「宴」
5 MonodevelopのIndentWidthを強制的に4にする
6 コードテンプレートでらくらく補完
7 サクッとTwitter/Facebook/LINEにシェアする
8 Spriteのパラパラアニメーションをサクッと作る
9 2D用のSpriteのTips
10 データを保存する
11 スクリプトからGameObjectを作成するには
12 スクリプトからGameObjectまたはコンポーネントを検索するには
13 Prefabのあれこれ
14 検索バーで出来ることまとめ
15 スマートフォン版HMDで使えるジャイロカメラを作成する
16 Syphonで映像を扱う
17 SendMessageの効率的な使い方
18 Transformで拡張しておきたいメソッド
19 GameObjectで拡張しておきたいメソッド
20 Monovehaviarで拡張しておきたいもの
21 iOSのビルド時にFrameworkを自動で含めるには
22 シーン名/タグ名/インプット名を定数で扱う
23 プラットフォームごとにスクリプトの挙動を変更させる
24 シェーダでのアニメーション
25 シェーダーで知っておくと便利なこと
26 手軽に追加できるシェーダーの効果
27 メッシュへの情報の追加とシェーダーについて
28 Unity5での新アニメーションシステム
29 アセットのインポート設定をまとめて変更する
30 Missingを見つけるには
31 Singletonのまとめ
32 モバイルでの描画速度最適化について
33 UnityでGit(バージョン管理)
34 Jenkinsでビルドのコスト(手間)を100分の1にする
35 LINQのススメ
36 UnityPackageにアイコンをいれる
37 ScriptTemplatesを作成する
38 HierarchySortを作成しよう
39 SerializedObjectについて
40 ScriptableObjectについて
41 Undoについて
42 AnimatorControllerとAnimationClipについて
43 自作のステートマシンを作る
44 GUIを自作する

ABC 2014 Springで展示したものを公開しました。

ss21.png

UnityでMMDforMecanimを使っています。

WebPlayer版はこちら

https://457f01318f07f8769ef38e2f2ba53da120812072.googledrive.com/host/0B9SlCQHLx_fdTzRmME9wR0pJQ00/WebPlayer.html

動画としてYoutubeにもアップしました。4Kの画質でお楽しみください!

http://youtu.be/RH5-Z2TfON8

この作品はピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」を描いたものです。
http://piapro.jp/license/pcl/summary

Unity部のホームページが2013年12月15日にオープンしました。

Unity部は3DゲームエンジンのUnityを使って、何かできないかと思って活動しているのですが、ここではイベント情報とか、ちょっと気になるTIPSなんかを載せていきたいと思います。

よろしくお願いします。

Unityを使う最も大きなメリットはAsset Storeだと思います。Asset StoreはUnityでゲームを作る時に使えるパーツを提供してくれるStoreです。たとえば、ゲームで使うキャラクターを作るのは非常に大変ですが、Asset Storeにあるキャラクターを使うと簡単にゲームを作ることが出来るようになります。

Asset StoreはUnityのメニューの「Window」の「Asset Store」をクリックするとAsset Storeが起動します。

Unity-AssetStore.PNG

Asset Storeで取り扱っているAssetには有料のものと、無料のものがありますので、注意してください。有料のものは時々セールがあって、割安で購入することが出来ますので、急いで購入する必要がないのであれば、使う時まで購入するのは止めて、セールがあった時に購入するのも一つの方法だと思います。

Assetを購入すると自分で作っているプロジェクトにAssetが追加される形で追加されます。後はそれぞれのAssetの使い方を調べると、簡単に使えるようになります。

まずは、無料のAssetを使ってどういうものなのかを確かめてみることをお勧めします。

Unityの本体はUnity本家、もしくはUnityの日本語サイトからダウンロードします。ブラウザでアクセスすると右上に「Download」があるのでクリックすると、ダウンロードページに移動します。こちら側の環境に合わせて自動的にWindows、Macかどうかを判断してくれます。Unityには大きく分けて2種類あります。

  • Unity
  • Unity Pro

の2種類です。Unityは無料ですが、Unity Proは有料です。使える機能に違いはいろいろあるのですが、一番わかりやすいのはゲームを造って公開する時にUnityではUnityのロゴが入るのですが、 Unity Proでは入りません。無料版のUnityを使っていても使用期限があるわけではないので、いつまでも使うことが出来ます。個人で使うだけであればUnityで問題がないと思います。使ってみて、Unity Proでないと駄目という状態になったらUnity Proに変更すれば良いと思います。細かい仕様はちょくちょく変わっているので、逐一調べた方が良いかと思います。

ここではUnityでインストールをして行きます。2013年9月15日の段階で最新のバージョンはUnity-4.2.1fです。ダウンロードしてきたインストーラーを起動すると、インストールが始まります。

Unity-Install-1.PNG

ここは何も考えずに「Next」をクリックします。

Unity-Install-2.PNG

ここはライセンスの同意の画面です。一応、しっかり読みましょう。日本人は英語を見ると読んだことにしてしまう癖がありますが、頑張って読みましょう。滅多にないですが、そうしないとあとで痛い目にあいまうかもしれません。ただ、ここで「I Agree」しておかないと先に進めないので、「I Agree」をクリックします。

Unity-Install-3.PNG

ここはインストールする内容を決めます。HDDの容量が足りないというなら別ですが、全部インストールが基本なので、そのまま「Next」をクリックします。

Unity-Install-4.PNG

ここはインストール先を指定します。特に問題がない場合は変更する必要はありません。そのまま「Next」をクリックします。必要スペースが書いてありますが、大きいです。

Unity-Install-5.PNG

インストールが始まります。終わったら「Next」をクリックします。

Unity-Install-6.PNG

これでインストールは終わりです。「Finish」をクリックします。

Unity-Install-7.PNG

次Unityのアクティベーションを行う窓に切り替わります。一番上がPro版用で、次が無料版用で、3番目のはPro版の30日間お試し用です。ここでは無料版なので、2番目にチェックして、「OK」をクリックします。

Unity-Install-8.PNG

ここではUnity Accountを入力します。Unity AccountはUnity用のアカウントでアプリケーションの管理、Asset Storeを使用するために使用します。もし、Unity Accountを造ってないのであれば、下の「Create Account」をクリックして、アカウントを作成します。持っている場合は、Unity Accountで登録したe-mailとパスワードを入力して、「OK」をクリックします。

Unity-Install-9.PNG

これでインストールは終わりです。

まずはサンプルプログラムのAngryBotsがインストールされていますので、それで遊んでみてください。