雑用の鎌田です。

この度、日本マイクロソフトさんに
「Surface Pro 3 って出ましたよねー。あれゲームジャムでどれくらい使えますかねー。」
と言ってみたら、「じゃあお貸ししますよ」と意外に簡単なノリでお借りすることができてしまいました。
なんというサービス精神…。

というわけで、お借りしたSurface Pro 3 (Core i5) をベンチマーク回したり、ゲームエンジンを動かしてみたりした感想を書き連ねていこうと思います。本レポートでは、Surface Pro 3 を「開発者視点」「3Dゲームプレイヤー視点」「提督視点」で報告します。
具体的な数字での評価は他のサイトさんが実施されていると思うので、ここでは使用感に重点を置いて書いていきます。

Surface Pro 3 のスペック

お借りしたSurfaceのスペックはこちらのCore i5のモデル。
Surface Pro 3 – ノート PC の代わりになるタブレット。

ゲームエンジンは動く?

まずは、Surface Pro 3 上でゲームエンジンを動かせてみます。

Unity

Unityを動かしてみました。
IMG_0676
評価用のプロジェクトとして、ABC2014Springで展示したミクさんをUnityで動かしてみたプロジェクトを開いています。
これ結構デカい&重い(MMD4Mecanimのモデルとかモーションとか…)ので、ちょっと良いPCじゃないと動かないのですが…
意外や意外。比較的ぬるぬる動きます。60fpsには届かないものの、ほぼ40fps以上で動いています。
ちょっと操作もしてみましたが、Unityの動作にストレスを感じるほど時間がかかるなどは無かったです。

UDK

職場の同僚さんがUDKも動かして評価してくれました。
スクリーンショットなくて申し訳ない…ですが、こちらも問題なく動作しストレスレスで使用できたとのことです!

WebGLベンチマーク

こちらはまだパブリックではないのですが、UnityからWebGL出力したものでベンチマークできるアプリケーションがあります。
これをSurfaceとMacbook AirのFirefoxとChromeで動作させて数字を追ってみようと思います。
試行回数はそれぞれ5回ずつ。トータルスコアとそれぞれのスコアのAverageで比較します。

10/7追記:UnityのblogでWebGLのベンチマークが公開されました。

Macbook Air (2013 latest)

Firefox

Chrome


さすがにFirefox向けに最適化されているだけあってFirefoxのほうがスコアが全体的に高いです。しかし2倍近い差が付いているのはなんだろう…。とにかくMacbook Airについてはこんなスコアでした。

Surface Pro 3 (Core i5)

Firefox

Chrome


続いてSurface。MBAとは打って変わってChromeのほうがいい結果に。そしてChromeのスコアが安定せず。
また、MBAと比べ得手・不得手の分野がハッキリわかれたような結果になりました。
ここまでのスコアだけ見れば、Surface Pro 3 の性能はMacbook Air(2013 latest)と、目立った差はありません。
これだけ持ち運びやすくてWindowsマシンでUnityもぬるぬる動く、ということでゲームジャムにはもってこいのPCだな!と素直に思いました。さすがに本開発では性能が物足りない感じですが、サンデープログラミングには十分です。唯一、トラックパッドの操作性だけはMacbookに劣るのでマウスは必要かなーといった感想です。

各種ベンチマークソフトの結果

日本の某有名MMOが公開しているベンチマークソフトをSurfaceで動かしてみました。3Dゲームはどのくらい動くのか?
こちらの数字は参考程度に。ご自身のPCのスコアと比較してみてね!

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn Official Benchmark

スクウェア・エニックス社のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア」の公式ベンチマークソフト。
FFXIV

DRAGON QUEST X Official Benchmark

こちらもスクウェア・エニックス社の「ドラゴンクエストX」の公式ベンチマークソフト。
DQX

MONSTER HUNTER フロンティアG ベンチマークソフト

こちらはCAPCOM社が提供するMMO「モンスターハンターフロンティアG」の公式ベンチマークソフトの第3弾。
MHFG

艦これ

提督の皆様お待たせいたしました。タブレットやスマートフォンでは遊べない(?)DMMゲームズの「艦これ」を遊んでみました。
艦これ
当然ながら問題なく動作しています。
トラックパッドを使うとやはり若干不便さを感じますが、タッチパネルを利用することで操作性がかなり向上します。小さいボタンはやはり押しづらいですが…。
でも持ち運びやすいSurfaceなら、これで外出中でも艦これができるっぽい!?
さあ、ステキなパーティしましょ!

まとめ/所感

最後にSurfaceを使用してみたまとめと感想を。
まず、開発については先にも述べた通りゲームジャムやサンデープログラミング程度には十分耐えられると思います。UnityでもUDKでもばっちこい!
ガチガチの3Dゲームをプレイするにはちょっと厳しいかも…もちろん設定次第では遊べますが、グラフィックボードが搭載されているPCで遊んだほうがいいっぽい。
艦これは何の問題もありませんでした提督!

以上、Surface Pro 3 についてのレポートでした。
最後に機材をお貸しいただいた日本マイクロソフトさんありがとうございました!